tel:078-862-6014 体験授業のお申込みはこちら

しつけクラス

しつけクラスは、教育以前の
地頭レベル(一般知能g)を上げ、能力アップ
クラスの準備をするカリキュラムです。

脳力UPクラス

しつけクラスの特徴 ※対象年齢2才頃~4才頃

40分机に向かって集中

※このクラスは躾クラスをクリアしたお子様が対象になります。

ワーキングメモリを鍛え、地頭レベル(一般知能g)を
上げることに特化したカリキュラムです。

お子様だけでがんばる教室で、社会関係を理解し始め、
一番脳が発達する時期ですので、より科学的に指導致します。
プログラムの中でルールを決め、守れなかったお子様へは
ペナルティとして、行動を抑制します。
必ず定時にお迎えに来ていただき、親子で最後は終わります。
(5分程度)

途中入学のお子様は、簡単なテストで適正クラスからの
指導を致します。

カリキュラム一部 (時間 : 40分+20分親子タイム)

両手を使う ピアノ演奏、豆つかみ、迷路を作成
自己表現 発言力UP、挙手制、自己PR力UP
短期記憶 ワーキングメモリトレーニング (数字カード、絵本、時計、お茶のおもてなし)
空間認知力 ボールキャッチ、的あて
競争力 各プログラムのポイント制、月末テストなどで競い順位付け
行動抑制 ルール厳守の徹底
そろばん 手先の細かな動かし、計算力

プログラムの最後に行うディスカッションタイム

“思いやり”を第一テーマと掲げ、相手の立場に立って物事を考える力をつける練習をします。
積極性の向上や個性を引き延ばすこと、人の意見 を聞き考える能力を伸ばす目的で行います。毎回簡単なテーマを基に、先生や校長、時には特別講師を招いて個々の意見を発言しあいます。

とても重要なプログ ラムで、幼児教育最先端の北欧教育のサークルタイムやハーバード大学などのディスカッション講義の方法を取り入れています。

「臨界期」を迎えるまでに脳力を養うことが、必要不可欠です。

臨界期とは、「ある時期を過ぎるとその後学習が上達しなくなる限界の時期」をいいます。脳ではインプットが少ない神経回路は脱落してしまい、インプットされる情報が多いほど回路が強化されるというシステムとなっています。

「臨界期」までに一度も使われなかった脳細胞は一生必要ないとされ、臨界期を越えた時点から消滅していくこともわかっています。

自分の夢を見いだし、その夢を叶える力を養うには、
臨界期を迎えるまでに、脳科学教育で脳力を養うことが
必要不可欠です。